危険な建物

耐震診断の結果危険とされる家や建物には共通点があります。特に危険な可能性がある、おおきな地震が起きたら倒壊の危険性がある建物は、1981年の建築基準法変更前に作られた建物、耐震基準が強化されたので、81年以前の建物には原則耐震補強が必要なのです。また地盤がゆるい家や建物は、地震の揺れが、和らがずに、直接的に揺れが伝わるので、地盤の柔らかいと土地は、同じ震度でもしっかりとした地盤よりも家屋倒壊の危険…続きを読む

地震に備える

日本は非常にたくさんの自然に囲まれている国であり、365度広がる海と、領土内には、たくさんの山脈と森や林、川によって構成されていて、食物も飲み物にも困ることのない豊かな島国なのです。この豊かな島国は、自然の恩恵を受けて発展してきましたが、自然の恩恵は時として自然災害などの、脅威となって列島を襲います。長い世界の歴史の中でも、トップランクに位置するような、大きな自然災害の1割から2割は日本で起こって…続きを読む

基本的な流れ

日本という災害の多い国において、地震に弱い建物に住んでいると言うのはとても気が気でない事態です。もしも寝ている間に大きな地震が発生すれば、家屋に潰されて家族全員死んでしまうのです。だからこそ、耐震診断でひっかかった方は、耐震住宅への耐震リフォームが必要不可欠です。耐震リフォームの流れは、まずは、診断結果に則って、耐震補強やリフォームする場所を決めます。地盤、建物のバランス、壁の重さや量、床の頑丈さ…続きを読む

Recommended link

[0] [1] [2] [3] [4]

archive

category

  • カテゴリーなし